痛風を予防する食事方法とは【カラダの節々に襲い掛かる辛さ】

病院

プリン体を控える

男性

痛風の経験がある人はとても痛いと話しています。足の指の付け根が、ある日突然に激しい痛みに襲われて、風邪が吹いただけでも痛むことから、病名が痛風になったとされています。日本には現在、痛風予備軍を含めると、600万人以上もいます。痛風になってしまうと、普段の生活に支障が出ます。そのため、痛風にならないための予防策を紹介します。カラダの節々に襲い掛かる辛さから逃れましょう。

痛風の症状は約一週間で消えるとされています。しかしとても厄介な病気です。痛風の痛みは今までに経験したことがない痛みです。そのため、普段の食事を改善して痛風にならないようにすることは大事なことです。痛風は男性に非常に多い病気です。男性と女性の割合を比較すると、男性が98%、女性が2%程度です。そのため、ほとんどの患者さんが男性です。男性特有の病気と言っても良いでしょう。男性に痛風患者が多い理由は、血液中の尿酸値が高いからです。痛風の原因は尿酸値に、大きく関係しています。そのため、尿酸値を下げることは、痛風の予防になります。

血液中の尿酸値を抑えるためには、プリン体の摂取を控えることです。食事することで人間はプリン体を摂取しています。プリン体が多い食べ物は、レーバーやえび、カツオ等です。ほかにも沢山あります。アボカド、魚の干物、大豆もプリン体が多い食べ物です。また、お酒が好きな人も注意が必要です。ビールには多くのプリン体が含まれており、ビールを飲み過ぎると痛風になる危険性があるのでプリン体が多い飲み物や食べ物を控えることが大切です。

患者さんの窓口

病院

人は体調が悪い時に病院にいきますが、内科と外科の違いをしっかりと把握している人は少ないでしょう。内科は患者さんにとって窓口の役目をします。そのため、内科医は沢山の病気の知識が必要になるので適切な対応をしてくれる病院を利用することが大切です。

Read More...

若い世代に多いガン

医者

健康であるために日頃から、自分の体調を管理して病気を予防することは大事なことです。しかしそれでも病気になることはあります。甲状腺がんは若い世代に多いガンです。そのため健康診断はしっかりと受けましょう。

Read More...

注目を浴びるがん治療

医者と看護師

最近は医学も進歩しています。そのためガンの治療法も変化しつつあります。これまでの主なガンの治療法は手術や抗癌剤、放射線治療が主でした。しかし最近は免疫治療が世界中から注目を集めています。

Read More...